ラベル?
カテゴリー:薬事法(薬機法)

                 

こんにちは花 お久しぶりです。
いかがお過ごしでしたか?


今日はラベルについてのお話しです。

弊社で輸入代行させていただいた場合
輸入代行料と別に「表示ラベルの作成、貼付け作業」を行なう場合があります。

ラベルびん(・・?

これは薬事法により定められている表示ラベルのことで、
記載に誤りがある場合や表示違反がある場合は、流通している商品を回収ショックしなければならなくなります。


商品名を書いた商品ラベル(ロゴマーク・品名・店名などを書いた商品のメインラベル)と
よく混合されますが、違うものです。

この表示ラベルについて簡単にご説明します。

表示ラベルは、法定表示ラベル・成分表示ラベル・国内表示ラベル・法定成分表示ラベルなどとも
呼ばれます。

ややこしいので、本ブログ内ではこれ以降「法定表示ラベル紙」と書くことにします。

 
薬事法第61条で
「化粧品は、その直接の容器又は直接の被包に、次に掲げる事項が記載されていなければならない。」
(抜粋)と定められています。

この中の「次に掲げる事項」について、 もう少しご説明します。
 
輸入品、国産品にかかわらず、日本国内で化粧品を流通させる場合(化粧品を販売する場合)

1. 化粧品が直接入っているビンや箱箱など、消費者が購入する際に見ることができるように

2. 以下の項目を表示しなければなりません。

  • *製造販売業者の氏名又は名称及び住所
  • *名称 (製造販売届出書で届け出た製品名称)
  • *製造番号又は製造記号 (ロット番号)
  • *全成分の名称 (配合されている成分すべて)
  • 使用の期限
  • 薬事法第42条第2項の規定により基準が定められた化粧品にあっては、その基準において直接の容器又は直接の被包に記載するよう定められた事項
  • 外国特例承認取得者等の氏名等

     (*は必須)


さらに、全成分の名称(配合されている成分すべて )については

日本化粧品工業連合会作成の「化粧品の成分表示名称リスト」等を元にした邦文名で 製品における分量の多い順に記載する 

などの決まりがあります。

この決まりに従ったものが法定表示ラベル紙です。


ここでは簡単に説明しましたが、この他にも法律で定められた様々な決まり事があります。


海外から化粧品を輸入 
  ↓
成分名などの記載が日本語でないなど日本国内向け法定表示ラベル紙がない
  ↓
弊社で薬事法に従った法定表示ラベル紙を制作

となります。

(シールを貼付けなくても、容器に直接印刷してもいいんですよ。
海外であらかじめ印刷した製品を輸入する場合もあります)

その日本語の法定表示ラベル紙を化粧品に貼り付ける作業は
化粧品製造販売許可取得者が指定された作業所ビルで行なわなければなりません。

これが、冒頭に書いた「表示ラベルの作成、貼付け作業」です。


商品名を書いた商品ラベル(ロゴマーク・品名・店名などを書いた商品のメインラベル)は
お客様がご自分で制作し、お客様が社内で化粧品に貼付けしても問題ありませんが

輸入した化粧品の法定表示ラベル紙の制作・貼付けは化粧品製造許可を取得した弊社で行なう
と言うわけです。



なお、弊社では 
商品ラベル(ロゴマーク・品名・店名などを書いた商品のメインラベル)やチラシのデザインも 承りますあひょうパンダ


商品ラベルやチラシ・パンフレットも、薬事法で定められたルールを守って作成しなければなりません。

弊社でデザインする場合 
広告やキャッチコピー等が薬事法に抵触していないかチェックチェック作業を含みます晴れ




posted by: エブリード株式会社 | 薬事法(薬機法) | 08:00 | comments(0) | - |