化粧品輸入 シールを自分で貼りたい
カテゴリー:薬事法(薬機法)

                 

みなさま、こんにちは。 

涼しい季節になりました。
紅葉狩り紅葉に行かれる方も多いのではないでしょうか。




さて、今日はよくある質問シリーズです。




「輸入した化粧品にシールを自分で貼りたいメモ



今までに何度かお客様からお問合せをいただきました。





化粧品を輸入して国内に流通させるために 
薬機法で定められた事項が
その直接の容器又は直接の被包に
法律で定められたルールに従って記載されていなければなりません。

薬機法以外にも、他の法律や規約・規定もかかわってくるのですが
ここでは細かいことは省略しますね。

この様な、法律などで定められた法定表示をするために
輸入した化粧品にはシールメモを貼り対応します。 

このシールメモ(法定表示シール)を、お客様が自分の会社やお店で、自分で貼りたいということなんですね。

経費を節約するために、もっともな質問だと思います。
  
 
 
 
しかし、それは残念ながら認められないんです。なく 
 
 
化粧品が輸入されると、まず化粧品許可を取得している輸入者の製造所に搬入します。 
(化粧品製造販売業許可、化粧品製造業許可を取得していないと化粧品の輸入はできません)
そこで法定表示を貼ったり、出荷判定を行い、 
やっと市場に出せる(お客様に納品できる)のです。 
 
そのシールを貼る作業は製造作業になり、
化粧品製造業許可を取得したその化粧品の輸入者がしないといけないんです。
 
 
つまり・・・ 
 
 
お客様(輸入代行依頼者):輸入したら港または空港から直接倉庫に搬入して欲しい 
 
弊社:それは法律違反です。 
   まずは弊社製造所に搬入し、弊社製造所で製造(法定表示)したり、 
   出荷判定したり、記録をつけたりしなければなりません。
 
 
 
お客様(輸入代行依頼者):輸入をした商品に法定表示シールを自分で貼りたい     

弊社:それも法律違反です。
   法定表示シールを貼る作業は製造作業になり弊社製造所で弊社が行います。


ってことになります。


さらに・・・


お客様(輸入代行依頼者):輸入した商品を小さな容器に詰め替えてサンプルとして配るね!

弊社:それも法律違反です。詰め替えるのは製造作業になり、 
   化粧品製造業許可を取得している弊社が弊社製造所で行い
   出荷判定したりや記録をつけたりしないといけないんです。



ってことになります。


もちろん、この法定表示を勝手にコピーするもの罪になりますよ! 
 
 
知らなかったではすみません。 
法律に違反すると、懲役や罰金刑もあり得ます。
詳しくは、化粧品輸入代行のエブリード株式会社にお問合せください。

posted by: エブリード株式会社 | 薬事法(薬機法) | 00:25 | comments(0) | - |