化粧品を輸入する際の成分分析検査について
カテゴリー:薬事法(薬機法)

                 
こんにちは。エブリードです。


先日ある方とお話をしていた時に

「今流行ってる韓国コスメを輸入したいけど成分分析が大変そうで・・・」
とおっしゃっていました。


化粧品を輸入する際に、すべての商品の成分分析は義務付けられているのでしょうか?


- 答えはNOです。


薬事法では、日本国産・海外製にかかわらず、
すべての化粧品に対して使ってはいけない成分、含有量などが定められています。


でも!

全成分表があれば、成分分析検査をしなくても、
日本の法律基準に合っているか、日本で禁止されている成分が使われていないかは
チェックすることができます。


ところが残念なことに、メーカーが提出した全成分表と実際の分析結果が違う場合がよくあります。


メーカが輸出したいが為に意図して禁止成分を記載していなかったり
防腐剤や色素などの成分に日本での禁止成分が入っていたり
メーカが途中から成分を変えていたりなど、理由は様々です。


(余談ですが、日本国内で流通しているBBクリームに
日本では禁止されているホルムアルデヒド(ホルマリン)が含まれていたという事例があります。
海外製品では、防腐剤の成分としてホルムアルデヒドが使われていることがあるので要注意です)


県庁の担当者さんとお話ししていたら
「海外工場で商品を生産した時には禁止成分が入ってなかったけど、
ボトルに禁止成分が付着していたらしく
抜き打ち検査したら、実際の商品から禁止成分が検出された例がある」
とおっしゃっていました。 こんな例もあるんですね。


海外メーカーから提出してもらった全成分表をチェックして大丈夫だと思っていても
日本で禁止されている成分が実際に使われていた場合、
販売者は商品を回収しなければなりません。
その上、不幸にもお客様に何かあった場合には賠償しなければなりません。責任は重大です!

結論として鉛筆2

化粧品を輸入する際に成分分析検査を行うことは義務ではないですが
成分分析を行うことをおすすめしますグッド



posted by: エブリード株式会社 | 薬事法(薬機法) | 16:00 | comments(0) | - |