知らずに薬事法に違反していませんか?
カテゴリー:薬事法(薬機法)

                 

こんにちはうちわ エブリードです。


Yahoo知恵袋やOKWaveなどのナレッジコミュニティをご存知ですか?
掲示板に質問を書き込めば一般の利用者が質問に答えてくれるQ&Aサイトです。
インターネット検索をすると質問や回答が上位にヒットしたりするので
皆様も一度はご覧になっていらっしゃるのではないでしょうか。

人に聞きにくいことを匿名で質問できて便利な反面、
一般の利用者が回答するので間違った回答もあったりします。


化粧品輸入や化粧品輸入代行、成分や品質などの安全情報についての情報収集をネットパソコンでしていたら


「仕事で海外出張によく行くので

ついでに化粧品を買い付けてきて

副業お金としてネットで販売しようと考えている。

アドバイスが欲しい。」



という様な質問がありました。

その回答の中にこんな感じものがありました。

「化粧品の輸入販売に許可が必要と回答している人がいるけど
普通の化粧品に 許可 は必要ありません。

日本国内で認可が必要な成分が含まれている場合は医薬部外品になるのでダメ。
医薬品認可を受けてない商品なのに効能が記載されている商品もダメ。

それ以外は問題ないので
海外出張ついでに化粧品を買ってきてネット販売しても問題なし<( ̄^ ̄)>」
 

(注:原文のままではありません)


汗


せっかくの回答ですがこれは間違いです爆弾

医薬品・医薬部外品・化粧品及び医療機器は、薬事法により厚生労働大臣の製造販売業又は製造業の許可を受けた者でなければ、業としてこれらを輸入してはならないと定められています。
これら規制対象物品については、輸入申告の際、薬事法上の許可承認等を受けていることを税関に証明しなければなりません。
薬事法上の許可承認等とは「化粧品製造業許可」「化粧品製造販売業許可」です。


「化粧品製造業許可」「化粧品製造販売業許可」の許可なしに

化粧品を輸入し日本国内で販売したり

他人に譲ることは薬事法で禁止されていますダメ


ハンドキャリーとして個人で手荷物で持ち込んだり

小包や郵便で送ってきた化粧品でも同じですダメ


数量の大小は関係ありません。
(個人で使用する場合を除く)
 

「化粧品って言ったら許可が必要とか面倒くさいデビル
と言って偽った申告若しくは証明又は偽った書類の提出をすると関税法違反にもなりますダメ

海外から輸入した商品を販売するのであれば
法律に違反するだけでなく
その商品で使用者にトラブルが生じた場合の責任も生じますダメ


残念なことに、実際に
薬事法に違反していると知らずに販売されている方もいらっしゃる様ですが、知らなかったではすまされませんくもり


クリックすると大きな画像が開きます↓


お心当たりのある場合は化粧品輸入代行のエブリード株式会社にご相談くださいえがお


posted by: エブリード株式会社 | 薬事法(薬機法) | 08:15 | comments(0) | - |